読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jupiterについていろいろと

 

ふえぇ~~~ん

早く円盤が欲しいよ~~~ママァ~~~~~

 

 

という気持ちと、思い出がようやく昇華できたので、色んなことを書いていきたいと思います。けっこう長いし、文章構成能力はヤバいので目が滑ると思って下さい。

 

 

何を書こうかな~と思ったんだけど、やっぱり私はJupiterが好きなので、Jupiterの話からしたいです。長いです。

 

<Jupiterとの出会い>

まあ、これも約6年ほど前の話ですよね。アイマス2の発表でPVが流れた動画を見て、ビビッときたわけですよ。あんまり男の子のアイドルが出るゲームとかアニメってあんまりなくって、それで「あ、この人達をプロデュースしたい」って初めて思いました。

あと、最初は北斗じゃなくて、王道主人公な冬馬が好きでした。余談ですが、当時、765プロダクション水瀬伊織ちゃんのプロデューサーをやっていた兄が、自分の担当アイドルがプロデュース対象外と聞いて、それでJupiterをボロクソ言ってきたので、ついカッチーーーーーンときて、殴り合いの喧嘩をしました。兄の鼻を折りかけました。

まあ、そんなこんなで、純真無垢なエンジェルちゃんだった私は、何でJupiterが叩かれるのか理解はできたけど理解したくないまま、アイマス2の発売を待ちました。

 

<それからのJupiterとか> 

まあ、アイマス2が発売されてからもジュピの扱いはあれだったよね~~~。つらかった~~~~。PVを動画サイトに投稿してくれる人がいても、すっごいあれなことばっかり書かれてて、それもネタ的な意味でじゃなくて、ガチの暴言だったから、こんなことをいう人達がアイドルをプロデュースしてるのかって思うくらいにつらかった~~~~~。でも、実際は受け入れてくれていたプロデューサーもいたのに、そういう人達には目も向けず、ただ叩かれてるJupiterしか見れていなかっただけなんだけどね。

で、初めて私が買ったCDが961プロ時代のJupiterの曲でした。

https://www.amazon.co.jp/IDOLM%EF%BC%A0STER-Jupiter-%E5%A4%A9%E3%83%B6%E7%80%AC%E5%86%AC%E9%A6%AC-%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E6%8B%93%E7%AF%A4/dp/B005TC9BWC

ん~~~~まあ、CD出してもらえたけど、やっぱりもっと欲しいよな~~~って思う強欲な人間だったんだけど、そう上手く事は運ばないよなって痛感した。

心のどこかで、Jupiterはアイマス2で終わっちゃうのかな~~って思う自分もいたし、でもせっかくあそこまで作りこんでくれたアイドルなんだから、もっと活躍の場だってほしいし、初めて私がプロデュースしたいアイドルだって思ったし、プロデュースだってしたいと思ってるけど~~~~でも、でも~~~~彼らの活躍の場はどこ~~~~~って感じでした。

 

<Jupiterの転機>

一番は、アニマスが始まったことかなって思う。それよりも前に、ゲームでチラチラっと出てくれてたけど、転機として考えるなら、やっぱりアニマスだと思う。

パパと一緒にアニマス観てて、Jupiter出た時にガチ泣きした。パパも私が兄と殴り合いの喧嘩したことも、その原因も知ってたから、「良かったなぁ。Jupiterの子達も良かったなぁ」って言って柿の種くれたの今でも覚えてる。

もう本当にJupiterが動いて、喋って、歌って、踊ってるのを見るのがすごく幸せだった。うわ~~~~Jupiter歌ってる~~~~アリギル~~~~~ギルティ~~~~~って感じでずっと見てた。

その頃にはもうJupiterをあからさまに叩く人はいなくなってて、眠り姫の時の冬馬でもう涙出た。彼らはアイドルである以前に、1人の人間だし、悪いことが許せないってわけじゃないけど卑怯なマネは許さないっていうお互いの価値観の一致って言うのかな?そういうところが好き。

961プロを辞めると決めた時、私は何か色々としてあげたかった。なんて言うか、経済的な援助をしたかった。小さな会場だったけど、それでも彼らにファンがついて来てくれていたし、緑のペンライトを振ってくれるJupiterのファンの方達にお礼を言いたい。彼らのやり切った笑顔が、すごくよかった。

<映画のJupiter>

いや、まさか出るとは思わなかった。出た瞬間に「ほわっ!?!?!?!?!?」ってなった。あまあま…。本当にJupiter良かったねって。当たり前だけど出番は少ないけど、個人的には「Jupiterがアイマスの映画に出る」っていうのが凄く重要なことだった。嬉しかった。本当に嬉しくて、デレマスに課金した。

 

<SideMの稼働>

これもある意味でJupiterの転機というか、再出発ですよね。

961プロを辞めてどうなることかと思ったら、まさかのリスタート。嬉しかった~~。ずっと前から夢見てたJupiterのプロデュースできる!!!!!ってなった。事前登録をして、稼働を待って、稼働して、プロデュースして、半年待って、プロデュースして、って感じだったけど、本当に嬉しかった。本当に嬉しいんだよ。ずっと夢だったんだよ。夢叶っちまったんだよ。

 

<第一回ワケ生のこと>

めっっっっちゃ話は飛んだけど、これだけは語りたい。初めてのワケ生。Jupiterが3人そろったワケ生。これは私にとっての転機にもなった。

なんて言うか、それまでのSideMはサービス終了とか、長期メンテとか、冗談だったりもあるけど半ばマジで心配してた節もあった。だけど、ワケ生やるってことは、そういうのはしばらくないんだなって思えた。

んでもって、最後の最後にさ~~~~ドラスタ~~~~~

ドラスタの声帯発表か~~~~~ッカ~~~~~~って思ってたら新CDの発売決まってた。

え・・・Jupiter、新曲出すの!!??!!!!?

え、え、ま、ま、え~~~~~~~?????マジで?マジで??…いやマジだ。

え、ドラ、ドラスタも~~~~~????うわ、良かった、良い~~~~人気コンテンツだ~~~~~たそ~~~~

この辺の記憶があんまない。961プロの頃とは違って、キラキラしたジャケット写真見たのは覚えてるけど記憶があんまりない。でも、Jupiterの曲がまた聴ける~~~って思って泣いたのは覚えてる。

ずっと待ってた。多分、4~5年は待ってた。待ってたらいいことあるんだなって。本当に嬉しくて嬉しくて、涙が出てきた。

本当に待ってて良かった~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

 

<1stライブのこと>

また一気に時系列飛びました。1stライブが開催されるって知ったけど、まだその頃は1人でライブに行く勇気がなくて、冗談で友達(以下A氏)に「当たったら、一緒に行こうよ~~wwww」って言ってたら当たった。チャ員で。確か、その時かっぱ寿司で友達と寿司を食らっていたんだけど、あまりの驚きと嬉しさと喜びで、昼間のかっぱ寿司で泣き始めたの覚えてる。

当たったってA氏に伝えたら、じゃあ行こうって軽く言ってくれたから、我々はライブの為に舞浜へと向かった。

泣いた。ボロボロ泣いた。Jupiter出てくれて嬉しくて泣いたのもそうだけど、他の事務所のメンバーも見て泣いた。あの日は確かに私たちの記念日だよ…。

ライブは最高だったので、買ってない人は円盤買って下さい!

https://www.amazon.co.jp/IDOLM-SideM-STAGE-Blu-ray-Complete/dp/B01CZBAFRY

私信:A氏、行きのバス、楽しかったね。あと、セカライの円盤出たら上演会するね。

 

<新曲のあれこれ>

またJupiterに新曲出るって聞いて、「ヒュッ」ってなった。なんかもうトントン拍子すぎて大丈夫?これ、Pちゃん死なない?ってなるくらいやばかった。この頃は試聴とか何の躊躇いもなく「わーい!試聴だー!」って感じで普通に聴けたんだよなぁ……。

実際に発売されて、A氏にCDあげたりなんだりしてたけど、やっぱりこの時に北斗の歌い方しゅき〜〜〜〜ってなった。

アリギルは961プロの曲で、BNFは315プロのJupiterの曲で、でもGLORIA MOMENTは961プロでも315プロでもない、アイドルのJupiterの曲って感じがしました。まさか、こんな短期間のうちに担当の曲がまた聴けるとは思ってなかった。

 

<セカライのあれこれ>

セカライやります!!!!でもJupiterからは翔太しか来ません!!!!!ってなって、ちょっと悲しかった。でも、「何でジュピ来ないん?(激怒)」って感じよりも「そっかぁ…来れないのか。でも、次のライブで来てくれるよね☆」っていうポジティブゴリラなので、そこまで落ち込んだりしなかった。むしろ、来てくれた松岡くんに感謝したい。

ツイッターで色んな人が言ってたけど、冬馬と北斗のいないカレイドTOURISMはどうなるんだろって思ってた。「悠介!享介!翔太!悠介!享介!」ってループするんじゃね?って馬鹿みたいなこと言ってたけど、実際のライブではちゃんと「冬馬!」「北斗!」って言ってくれてて泣いちゃった。やっぱり、冬馬と北斗がいないの寂しい。

その反動なのかセカライ初日では北斗のMiniが出てきた瞬間

「北斗ーーーーー!!!!!!!!」

って叫んだし、ついでに言うと2日目にJupiterの3人がモニターに出てきた瞬間に

「ほ゛く゛t゛t゛………!!!!」

って感じで何か悪魔が乗り移ってた。

あと、私は幼女だからGOLD~No.79~のバックダンサーの濱野パパが刺激的すぎて彼が後ろでスクワットしてたのは覚えてるよ。

あと、これも余談ですが、1日目のライビュで隣に座っていたプロデューサーさんと共鳴してたって言った翌日に、ご本人さんとお会いしました。

 

 

<最後に>

Jupiterのデビューから彼らのことを見ていた私にとってしてみれば、315プロがすごいとかじゃなくって、アイドルマスターっていうコンテンツはすごいんだなって思いました。デビュー当時から見てきたって言っても、空白の数年間は埋まらないし、彼らのつらい時期に何もしてできないプロデューサーだったのに、それでも彼らは私をプロデューサーと呼んでくれる。北斗は「家族でも恋人でもない特別な存在」って言ってくれる。もう本当にアイマス続けてて良かった~~~~。過去の自分に、待っていればJupiterのプロデュースできるぞって言いたい。

 

<最後の最後に>

WとJupiter(すし吉含む)の6人が歌うカレイドTOURISMが見たい!!!!!!